wanomasks2020winter.jpg
正絹西陣織杉綾文様

日本語では杉綾、英語では「ニシンの骨」という意味のヘリンボーン柄です。男性のスーツなどの柄によく使われます。クラシカルでシックな印象のマスクです。

正絹西陣織間道文様

黒と紺の潔い縞模様が潔い、筋のとおった「侍」のような印象のマスクです。シャープで落ち着いたイメージです。

正絹西陣織唐花文様

様々な花が咲き乱れる、深みのある洗練された文様です。華やかなデザインですが、モノトーンなので派手すぎず秋冬の装いにもぴったりです。

正絹西陣織鮫小紋文様

鮫小紋は、細かい点で円弧を重ねた様子が鮫の肌に似た模様です。鮫は8代将軍の徳川吉宗の生家である紀州徳川家が用いた柄です。小紋三役のひとつで、格の高い文様です。江戸時代に大名が裃に付けた小紋を定小紋といい、鮫小紋は、島津家の定め小紋でした。綿菓子のような淡いピンクがかったお色目で、名前とは裏腹にやさしい印象のマスクです。

正絹西陣織雪輪取文様

白雪のような真っ白な裂地に雪輪取り文様が入っています。 六角形の雪の結晶の輪郭を曲線でつないだ文様を雪輪文といいます。 上品な清潔感が漂うマスクです。

正絹西陣織風通文様

風通(ふうつう)とは二重織の一種で、表裏に異なった色の糸を用い、文様のところで糸を交換して色の異なる同じ文様が表裏に織りだされたものです。白と青でうろこ文様が織りだされた、シャープな印象のマスクです。 うろこ文様は江戸時代には厄除けの文様とされていました。

正絹西陣織牡丹唐草襲色目文様(青)

白地に淡い紫や青の牡丹と唐草を配したマスクです。 室町時代から近世まで人気のある文様であり、牡丹は幸福や富貴の象徴として好まれました。 モダンな雰囲気があり、男女問わず洋服にもあうエレガントな柄です。 マスクによって色の出方や柄が違います。お好きな雰囲気をお選びください。

ギャラリー

通常ギャラリーより柄をお選び頂けます。

pass01

こちらのシリコン製紐通しを使用すればマスクの長さを調節できます。TO USE THIS STRING-PASSING TOOL, YOU CAN ADJUST A LENGTH OF MASK STRING.

 

【関連サイト】

和のますくす公式サイト

wanomask.com

 

和のますくすオンラインショップ

wanomasks.com

和を呼ぶブランド

wavoca.com

聚秀軒商品紹介サイト

shushuken.com

株式会社聚秀軒企業サイト

shushuken.co.jp

©2020 WANOMASKS  by ShuShuKen Inc.