​文様ギャラリー
全ての商品は、ShopALLよりご覧頂けますShopALLのフィルター機能より商品の絞り込みをご利用頂けます。
間道文様(赤香色)

間道文様(赤香色)

縞の文様は多数ありますが、間道とは名物裂のひとつで縦縞の柄のことです。淡い赤香色*の縦縞は粋でありながら控え目でやさしい印象です。 黄みをおびた淡いピンク色は、肌の色が明るくみえ、肌映りもよいです。  *紅花あるいは茜染に丁子を染重ねてやや赤みにした色。

裂取正倉院襲色目文様

裂取正倉院襲色目文様

織物の断片のことを裂(きれ)といいます。パッチワークのように様々な文様の裂を継ぎあわせた形の文様を裂取り文といいます。 幾何学模様や植物をモチーフにした格調高い正倉院文様がつなぎ合わされています。 上品で清潔感のある水色のお色目のますくです。マスクによって柄の出方が異なります。

葡萄唐草文様

葡萄唐草文様

すっきりとした青を基調に、葡萄唐草が織り上げられています。葡萄唐草は、豊穣のしるしとして西方より伝わり、正倉院の宝物によく使われているといいます。大きめの柄ですがほんのりと浮き上がる色合いなのですっきりとした印象です。

西陣花織文様(青)

西陣花織文様(青)

もともとは琉球王朝で織られていた花模様の織物を、西陣で織り上げたものです。 花織(はなうい)とよばれ花のようにみえる幾何学文様をドッドのように浮き上げて織りなしてあります。白を基調とし、淡いブルーの模様がはいった清潔感のある印象のマスクです。

西陣花織文様(象牙色)

西陣花織文様(象牙色)

もともとは琉球王朝で織られていた花模様の織物を、西陣で織り上げたものです。花織(はなうい)とよばれ花のようにみえる幾何学文様をドッドのように浮き上げて織りなしてあります。象牙色を基調としたすっきりとした印象のマスクです。ビジネススーツなどにもよく合います。

立涌文様

立涌文様

雲気、水蒸気が涌き立ちのぼってゆく様子をあらわした有識文様の立涌文と格子文を組み合わせたモダンなデザイン。細い格子文は「粋」をあらわすのだとか。「格調の高さ」と「粋」を表現した柄といえます。

北斎文様

北斎文様

北斎文様とは、文字通り浮世絵などで有名な江戸時代の絵師、葛飾北斎が考案したオリジナルの着物の文様のひとつです。灰紫地の幾何学模様がシックな印象をあたえるマスクです。

正倉院雪輪取襲色目文様

正倉院雪輪取襲色目文様

六角形の雪の結晶の輪郭を曲線でつないだ雪輪文。その雪輪文で柄の構図の境界線をつくることを「雪輪取り」といいます。その輪郭の内に様々な植物文様が入っています。冬のイメージの雪輪文ですが冬はもちろん暑い季節でも涼を表現するということで一年中着用できます。マスクによって柄の出方が異なります。お好きなデザインをお選びください。

正倉院葡萄唐草文様

正倉院葡萄唐草文様

真珠のようなわずかに灰色味をおびた乳白色の生地に華やかな葡萄唐草文様が入った品格が漂う雰囲気のマスクです。 普段使いもできますが、ブライダルやフォーマルな場でのご着用もできます。柄の出方によってはグレー~青よりのものもあります。 お好きな雰囲気をお選びください。

天平葡萄唐草襲色目文様

天平葡萄唐草襲色目文様

ほとんど白に近い生成地に淡い緑やピンク色の生地に淡い色合いで奈良時代から伝わるぶどう唐草文様を織り上げた涼しげな印象のマスクです。 夏のお着物や浴衣はもちろん夏のワンピースなどににも似合います。マスクによって色の出方や柄が違います。お好きな雰囲気をお選びください。

アラベスク文様

アラベスク文様

鼠地にアラベスク文様がはいったマスクです。別名アラビア文様とも言われ、日本の唐草模様よりエギゾチックな印象があります。 エレガントな流れのある模様なので洗練された大人の雰囲気がただようマスクです。

むじな菊文様

むじな菊文様

薄桜地に、すきまなくたくさん散らし菊の花びらを敷き詰めた文様です。 狢菊(むじなぎく)は文様が狢(むじな=アナグマ)などの動物の毛並みに見えることからよばれます。 控え目な地色ですが大胆に入った模様が華やかさを引き立てます。

しずくがさね文様

しずくがさね文様

雨のしずくのような柄をかさねた文様のマスクです。 和柄ですがモダンな印象があり、様々なファッションに似合います。 淡いピンクベージュ色はやさしい印象で肌映りもよいです。

かさね色目織文様

かさね色目織文様

かさね色とは、織物の場合経糸と緯糸に違い色を使うことにより独特の色合いを作り出すことです。赤香色の小花と唐草文様がはいった優しいながらも華やかな印象のマスクで、肌映りもよいです。

牡丹唐草襲色目文様

牡丹唐草襲色目文様

白地に淡い紫や青の牡丹と唐草を配したマスクです。 室町時代から近世まで人気のある文様であり、牡丹は幸福や富貴の象徴として好まれました。 モダンな雰囲気があり、男女問わず洋服にもあうエレガントな柄です。 マスクによって色の出方や柄が違います。お好きな雰囲気をお選びください。

風通文様

風通文様

風通(ふうつう)とは二重織の一種で、表裏に異なった色の糸を用い、文様のところで糸を交換して色の異なる同じ文様が表裏に織りだされたものです。白と青でうろこ文様が織りだされた、シャープな印象のマスクです。 うろこ文様は江戸時代には厄除けの文様とされていました。

鮫小紋文様

鮫小紋文様

鮫小紋は、細かい点で円弧を重ねた様子が鮫の肌に似た模様です。鮫は8代将軍の徳川吉宗の生家である紀州徳川家が用いた柄です。小紋三役のひとつで、格の高い文様です。江戸時代に大名が裃に付けた小紋を定小紋といい、鮫小紋は、島津家の定め小紋でした。綿菓子のような淡いピンクがかったお色目で、名前とは裏腹にやさしい印象のマスクです。

雪輪取文様

雪輪取文様

白雪のような真っ白な裂地に雪輪取り文様が入っています。六角形の雪の結晶の輪郭を曲線でつないだ文様を雪輪文といいます。 上品な清潔感が漂うマスクです。

唐花文様(黒)

唐花文様(黒)

様々な花が咲き乱れる、深みのある洗練された文様です。華やかなデザインですが、モノトーンなので派手すぎず秋冬の装いにもぴったりです。

杉綾(ヘリンボーン)文様

杉綾(ヘリンボーン)文様

日本語では杉綾、英語では「ニシンの骨」という意味のヘリンボーン柄です。男性のスーツなどの柄によく使われます。クラシカルでシックな印象のマスクです。

間道文様(黒)

間道文様(黒)

縞の文様は多数ありますが、間道とは名物裂のひとつで縦縞の柄のことです。黒と紺の潔い縞模様が潔い、筋のとおった「侍」のような印象のマスクです。シャープで落ち着いたイメージです。

【関連サイト】

和のますくす公式サイト

wanomask.com

 

和のますくすオンラインショップ

wanomasks.com

和を呼ぶブランド

wavoca.com

聚秀軒商品紹介サイト

shushuken.com

株式会社聚秀軒企業サイト

shushuken.co.jp

©2020 WANOMASKS  by ShuShuKen Inc.